業務プロセス効率化と内部統制力強化の同時解決

会計監査人から会計整理に止まらず、業務処理、事務整理、データ精度など、社内のあらゆる業務領域に亘って厳しい是正指導を受け、IT業務基盤の刷新を実施しました。事務効率の向上、人手を介さない連携で入力ミスや改竄などへの予防措置を実施し、決算への信頼性を担保しました。



【導入前の課題】
・現状IT環境をベースとして監査人指摘事項へ対応することへの限界
・親会社の内部監査部門からも、現行システムの抜本的な改善指示あり
・内部統制を考慮した業務プロセスの確立が必要不可欠


【効果】
・物、仕事の流れと、データの流れが一致した業務プロセス
・人、紙によるデータハンドリングを介在させない(入力ミス、改竄防止)
・データのエラーチェック及び修正が迅速、正確、タイムリー
・人的作業が極力少ない (作業効率性の向上、コストセーブ)