ファイルリンクコピー方法はありますか?

1.実ファイル格納先について
 InnovaDesignerにて設定した「FTPワークDir」、「FTPアーカイブDir」に格納されます。

FTPワークDir:最終承認が完了していないワークフローの添付ファイル
FTPアーカイブDir:最終承認が完了したワークフローの添付ファイル

なお、「FTPワークDir」に格納されていたファイルはそのままの形式(*.pdf等)で「FTPアーカイブDir」に移されます。

2.ファイルリンク情報の取得について

(1)最終承認が完了していない場合
 FlowIDをキーに[AF_FileAttch]テーブルのカラム[FileName]から取得可能です。
 実際にファイルを指定する場合は"FTPワークDir\カラム[FileName?]"となります。

(2)最終承認が完了している場合
 FlowIDをキーに[AF_FormData]テーブルのカラム[FormData]から取得可能です。

しかし、カラム[FormData]のデータ形式が該当ワークフローのフォームで入力されたテキスト情報やファイル添付情報等をスペース区切りで保持しているので、文字列としてのデータの扱いに注意が必要です。

以下の例は該当ワークフローのフォームに1つのテキストエリア、ファイル添付で2ファイル添付した場合のデータ格納例です。

例)ファイル添付機能確認1 2007-03\51490247_InnovaDesigner_error.xls 2007-03\557363391_IISインストール手順.xls

実際にファイルを指定する場合は"FTPアーカイブDir\カラム[FormData?](ファイルリンク情報を抽出したもの)"となります。

3.その他
 ファイルリンクのコピーは[AF_FileAttch]テーブルの行コピーですが、最終承認時のファイル移動を想定すると実ファイルをコピーせざるを得ません。

サーバー上のファイルはランダムな番号を付加して実際のファイルの名前が変更されます。
一時的な回避策としては、もともとのファイル名を得るためにランダムな名前の部分を取り除くロジックを実装する方法がありますが、恒久的なコードとしてはお勧めできません。