メールを送信する設定は?

・SMTPサーバの準備
 まず、SMTPサーバを用意してから設定します。
 認証が必要なSMTPではInnovaFlowからメール送信を行うことができません。

・InnovaDesignerの設定
 次の4つのことをしないといけません。

(1)InnovaDesigner設定
(2)InnovaFlow(AFExtensions)設定
(3)グローバルメール設定
(4)ユーザのメールアドレス設定

これでメール送信の準備が整います。 では詳細をご覧ください。

(1)InnovaDesigner設定
 ストラクチャのサーバタブで、メールサーバの設定をします。「SMTPサーバがダウンしたとき...」は通常はチェックを入れた方がよいでしょう。

また、InnovaDesignerの設定を変えたわけなので、ワークフローウィザードを実行しなおす必要がります。

(2)InnovaFlow(AFExtensions)での設定
 AFExtensionsでメールサーバの設定をします。

(3)グローバルメールの設定
 管理者としてInnovaFlowにログインし、管理ツールからグローバルメールの設定をします。
 ここで設定されたメールアドレスが、InnovaFlowから送信されるメールの送信アドレスになります。

これを設定しないと、単にメールが飛ばないだけで何も警告されない状況になるため、注意してください。

(4)ユーザのメールアドレス設定
 各ユーザでログインして、有効なメールアドレスを設定します。

・IISでの設定
 認証不要なSMTPサーバとして、Windows2003Server標準のSMTPサービスを利用することが可能です。
 サービスの構成でメールを構成します。
 ここでPOP3とSMTPがセットで構成されますが、POP3はとりあえず必要ありません。
 SMTPでInnovaFlowが動作しているマシンからのメール中継を許可します。