ITの全般統制のためのソフトウェア維持管理ソリューション「Innova Tracker」を発表

株式イノーバ(本社:東京都千代田区麹町、代表取締役社長:長田邦男、以下イノーバ)は、日本版SOX法のITの全般統制に対応するためのソフトウェア維持管理ソリューション「Innova Tracker」を発表します。

「Innova Tracker」は、ソフトウェアの維持管理プロセスを自動化するためのソリューションです。ソフトウェア受託会社から納品されたソフトウェアやドキュメントをバージョン管理します。あらかじめ定めた維持管理プロセスの設定内容に従って、運用担当者やプログラム開発担当者、品質管理責任者などがコミュニケーションを取りながら、それぞれが行うべき作業タスクを明確にし、必要となるプログラムやドキュメントなどへのアクセス権をコントロールします。
 また、ソフトウェアの維持管理に係る作業と承認の履歴(担当者、タイムスタンプ)が自動的に取得されるので、ITの全般統制で求められている証跡への対応もできます。さらに誰がどの作業タスクでどれだけの工数を費やしたかや、経過時間も取得されるので、維持管理プロセス自身の改善やソフトウェアの品質改善、さらには担当者や委託している外部業者の時間管理も行うことができます。

全文はこちらからご覧ください。