ftpサービスの分離モードの設定は?

(1)ユーザー別のフォルダを作成する
 ユーザー分離機能を利用するためには、あらかじめ決められた名前と構造を持つフォルダを用意しておく必要があります。
まずFTPのルートとなるC:\Inetpub\ftprootフォルダを作成します。

(2)ローカルユーザアカウントを作成
 先ほどのFTPのサイト・ルートのフォルダの中に新しく「LocalUser」というフォルダを作成します。
そしてさらにその下に、各ユーザー名を付けたフォルダを作成します。
例えば、~LocalUser\IFUserとなるようにフォルダを作成します。
ローカル・コンピュータ上にユーザーのアカウントを作成し、このフォルダにIFUserのアクセス権を付けておきます。

(3)FTPサイトの新規作成
 ユーザー用フォルダを作成したら、次はFTPのサイトを作成します。
 ユーザー分離機能は、FTPの「サイト」ごとに設定する機能であり、1度ユーザー分離モードで作成したサイトは、ほかのモードに変更することは(GUI操作では)できません。また、仮想ディレクトリごとにこのモードを設定することもできないので注意してください。
ユーザー分離機能はFTPの「サイト」ごとに設定する機能なので、デフォルトのサイトとは別に、新しくサイトを定義します。
 すると[FTP サイトの作成ウィザードの開始]ダイアログが表示されるので、適当なFTPのサイト名と、FTPサイトで使用するIPアドレス/ポート番号を入力して、先へ進めます。次のダイアログで、[ユーザーを分離する]を選択します。ウィザードの次の画面ではFTPのフォルダを指定しますが、先ほど作成したFTPサイトのルートを指定しておく。先の例では「C:\InetPub\ftpUser」を指定します。LocalUserやドメイン名のフォルダを含む、親のフォルダを指定してください)

(4)FTPサイトの開始
新規に作成されたFTPサイトは、デフォルトでは停止状態になっているので、開始状態に変更してください。
ただし、FTPサービスをインストールした直後では、「既定の FTP サイト」というデフォルトのサイトが作成され、開始状態になっているはずです。
そこで、まずこのデフォルト・サイトを停止後(もう不要なら削除してもよい)、いま作成したサイトを開始させます。ただし、他にすでにFTPサイトがある場合には、以下のコマンドを実行させる必要があります。

 iisftp /setadprop IFUser ftproot c:\InetPub\ftpRoot

iisftp /setadprop IFUser ftpdir IFUser

(5)確認は以下のとおりです

 iisftp /getadprop IFUser ftproot

(6)参考
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/586ftpisolate/ftpisolate.html
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/588ftpad/ftpad.html