日本版SOX法における「ITの利用」はどちらに進むのか

日本版SOX法がIT業界で注目されるのは、米国のSOX法に比べて「ITの利用」ということが追加されているからである。日本版SOX法は金融庁が所管であるので、「ITの利用」について具体的なガイドラインや指針が出てくるとは考えにくい。金融庁と経済産業省が話をはじめたという噂がある。噂はどうでもいいが、政府において「ITの利用」について詳細化やガイドラインが出てくるとすると、それはやはり「統制」という方向になるはずである。
経済産業省がシステム監査基準というものを出している。その中のシステム管理基準では、システムの企画、契約、開発、運用などのフェーズについて実施すべきプロセスが明示されている。ということはシステム管理基準を拡張した形(業務の統制に関する部分が追加)でガイドラインが提示されることになるのであろうか。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.innova-bp.co.jp/mt/mt-tb.cgi/94