プロセスモデリングは共同作業

業務プロセスのモデリングはモデリングをする人間だけでできるわけではない。業務を知っているまたは業務を行っているユーザとの共同作業となる。もっとも重要なことはユーザが自分も共同作業ができるというふうに思えるための準備作業である。
バンジージャンプで飛び出すための勇気を持てるかどうかに似ている。一度やった人にとってはどうでもないことだけれども、最初はものすごい恐怖心が襲ってくる。どんなに大丈夫といわれても、そうはなれない。
ユーザが自分でもわかる、やれると感じるためのプロセスは個々で異なる。その人のこれまでの経験や知識などを聞きながら、どのように納得してもらうかを試行錯誤していくことになる。このプロセスを省略すると、最後までうまくいかない。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.innova-bp.co.jp/mt/mt-tb.cgi/86