InnovaFlowの主な機能

ワークフロー実行

 InnovaDesignerのワークフローウィザードで生成されたASPプログラムをプロセスマップにしたがって実行します。ユーザはInnovaFlowにログインして、新しいワークフローを作成したり、受信トレイに表示されている承認待ちタスクなどを処理していきます。

システム管理

 システム管理者は、ユーザ管理、組織・役割管理、パスワードポリシー管理、イベントログ管理、管理者メッセージの送信などをGUI操作で行うことができます。

ワークフロー拡張機能

 ワークフローで定義されたルールの期限処理の制御を行います。
 自動的に実行されるアクティビティについては、ロボットユーザが自動承認を行います。
 ユーザの受信トレイに新しいジョブが届いたときの通知処理を行います。
 外部アプリケーションがInnovaFlow エンジンと接続できるように仮想クライアントと呼ばれるActiveXオブジェクトがあります。

案件の検索

 ユーザは過去の案件について様々な条件で検索を行うことができます。

統計情報収集

 ワークフローが実行されると、自動的にトランザクション数(案件数)、待機時間、保留時間などを収集し、様々な条件でレポート出力することができます。