InnovaDesignerの主な機能

ビジネスプロセスのモデリング

 マップ上に部門・役割のアクティビティを配置しながらプロセスマップを設計します。ビジネス ロジックによってアクティビティを連結し、分岐・結合の組み合わせでルーティング(経路指定)ルールを定義します。

組織のモデリング

 部門と役割を追加して新たな組織ストラクチャを作成します。人事システムから抽出した人事情報をバッチアドミンツールを使って、InnovaFlowユーザを作成・管理します。

シミュレーション

 モデリングしたプロセスマップに、要員数、業務量、処理時間などを設定して、全体業務のシミュレーションを行うことができます。

各種マクロ

 通常承認、代理承認、否認、引戻し、差戻し、保留、引上げ、バブルアップなどの機能があらかじめ実装されています。カレンダー、ファイル添付などのデサインタイムコントロール(DTC)をフォームに配置して利用することもできます。

ビジネスルールの作成

 詳細な処理条件や外部システムの連携処理などについては、ルールとしてVBScriptでコードを追加します。

ワークフローウィザード

 ワークフローウィザードでコンパイルすることで、ASPプログラムを自動生成し、正しいディレクトリに配置をします。

Microsoft Excelとのインタフェース

 担当者などからヒアリングして作成した業務内容を記述したExcelシートからプロセスマップを簡単に作成することができます。InnovaDesignerとExcelシートは双方向にデータ交換が可能です。

Microsoft Projectとのインタフェース

 InnovaDesignerで作成したプロセスマップをMicrosoft Projectにインポートすることができます。